読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネタポヨ!!

日常の生活・芸能・ニュース・旅行・音楽など、役立つネタからくだらないネタまで、気になったあらゆるネタを紹介するブログ!!

エマワトソンが可愛すぎる!美女と野獣の実写化映画があと少しで公開だよ~

エンタメ 芸能人

こんにちは、ポヨ美です。

美女と野獣』の映画が春に公開されますね~。

なかなか映画を見に行くことないのですが、これは見に行ってみたいな~

美女と野獣は、魔女に呪いをかけられ野獣の姿になった王子と、村になかなかなじめない美しい娘ベルの本当の愛について描かれたお話。

ディズニーアニメーションの実写化ということもあって、内容を知ってる人も多いハズ。

 

最近マンガの実写化とかよくされてて、どれも「なんでこれを実写化した!?」って作品が多いですけど、ディズニーアニメーションの実写化なら期待できます!!

そんな美女と野獣の映画ですが、キャストとか日本語吹き替えの声優とかが気になったので調べてみました。

 

 

豪華なスタッフとキャスト

なんと言っても主人公ベル役を演じるエマ・ワトソンが可愛いすぎっっ!!!

ほんと可愛すぎません??この子!!

知らない人には、ハリーポッターハーマイオニー役の子って言ったらピンときますかね!?

このハリーポッター当時が10歳で現在は26歳。

大人になったな~って思いますよね。(イコール、自分もそれだけ歳をとったってことですが…。)

 

女優としてだけでなく、ランコムバーバリーなどの広告モデルをしたり、国連大使を務めたりとマルチに活躍中!!

すごいですね~。おまけに名門大学を卒業する高学歴。コロンビア大学ケンブリッジ大学等数々の名門大学からも合格をもらってたらしい。

もともと可愛い子だったけど、年齢を重ねるごとに、より綺麗で魅力的になってきている気がします。

才色兼備ってこのことですな。ほんとうらやましい限り~。

 

そして、ベルの相手、野獣役にはNHKでも放送されていたダウントン・アビーやナイトミュージアムに出演しているダン・スティーブン。

野獣の城の燭台ミエール役にスターウォーズオビ=ワン・ケノービ役などで有名なユアン・マクレガー

野獣の城の時計コグスワース役にロード・オブ・ザ・リングガンダルフ役などで有名なイアン・マッケラン

ベルを狙うガストン役にホビットワイルド・スピードなどで有名なルーク・エバンス。

ガストンの手下ル・フウ役にアナと雪の女王でオラフ役をつとめたジョシュ・ギャッド。などなど豪華キャストが勢ぞろい!!

また、監督はミュージカル『シカゴ』の脚本で有名なビル・コンドン監督らしいですよ。

ミュージカル要素がちょっと入ってたりするんですかね?
音楽の担当は、アカデミー作曲賞を受賞しているアラン・メンケン、主題歌はアリアナ・グランデジョン・レジェンドのデュエットと豪華なようです。

日本語吹き替え声優陣も豪華

ベル役
昆夏美(ミュージカル界の注目歌姫)
この方は初めて知りました・・・。
ミュージカル界では有名な人なのかな?
美女と野獣で注目されるでしょうね~

 

野獣役
山崎育三郎(下町ロケットなどに出演、元モーニング娘。なっちの旦那さん)
山崎さんは下町ロケットで良い役してましたよね~。
カッコいいなーと思ってたら、なっちと結婚したし!!

 

ベルの父親モーリス役
村井國夫(バラエティから大河ドラマまで幅広く活躍。俳優だけでなく声優もこなす。吹き替えでは、ハリソン・フォード役)
村井さんはカッコいいオジサン。
まさかのハリソン・フォードの吹き替えやってるとか初めて知りました(笑)

 

野獣の城の燭台ル・ミエール役
成河(舞台、テレビ、映画で活躍)
この人も下町ロケットに出てた!

 

野獣の城の時計コグスワース役

小倉久寛(俳優、ナレーション、声優などマルチに活躍。)
小倉さんはナレーションのイメージが強すぎる。
ドラマとかでは良い人の役が多い気がする。

 

野獣の城のメイドポット夫人
岩崎宏美(歌手。ラジオのパーソナリティもつとめる。)
岩崎さんのイメージは、『聖母たちのララバイ』だよね(笑)

 

ベルを狙うガストン役

吉原光夫(元劇団四季。舞台で活躍する舞台俳優)
この方も初めて知りました・・・。

 

ガストンの手下ル・フウ役
藤井隆(お笑いタレント、俳優として活躍)
最近テレビであんまり見ないけど何してんのかな~。
昔「ナンダカンダ」って曲出したよね?
懐かしい。

 

ざっとこんな感じ。

映画キャスト同様、吹き替えの声優さん達も豪華ですよね~。

これは、字幕版と吹き替え版と両方観るべきですね。

予告編だけで感動

YouTubeで予告編が公開されていますが、それだけでなんか感動。。。


『美女と野獣』日本版予告編


ベルと野獣の距離が後半になるにつれ、どんどん近くなっていくのがわかりますよね。

ポット夫人の“ご主人様を見た目で判断しないで”ってセリフも好きです。

人と違うことを受け入れるって簡単そうにみえて簡単じゃないもんね。切ないっす(´・ω・`)

アニメとは違う実写ならではの美しさ・迫力もあってめっちゃ気になる!!感動すること間違いナシですな!!!

燭台ル・ミエール・時計コグワース・ポット夫人のキャラも可愛いしね。

まとめ

ベル役のエマ・ワトソンが言っていたように、ディズニー映画は大人から子供まで楽しめる作品になっていると思う。
ディズニーの作る実写はどれも素敵なので『美女と野獣』も今から楽しみ(^^♪
アメリカでは3月17日、日本では4月21日公開予定です。